見た目も 人生も もっと輝きたい女性のためのファッションコンサルティング

【骨格タイプ別】似合うダウンコートはデザインとキルト幅で決まる!

Sumie
WRITER
 
似合うダウンコート
この記事を書いている人 - WRITER -
Sumie
【未来を叶えるファッションスタイル】見た目UPコンサルタント 岡本 瑞愛恵(Sumie)です。骨格診断PLUS・パーソナルカラー診断PLUSをベースに、あなたの魅力を輝かせ、あなたらしく心地よい、なりたいあなたをプロデュースします。ファッションから人生を変えるファッション講座を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

未来を叶えるファッションコンサルタント Sumie です。

 

冬に頼りになるダウンコート。

デザインも値段も様々ある中でどれを選べばいいのか迷いますね。

 

寒い地域の方には必須アイテム、比較的温暖な地域でも一冬に何度かは欲しい!と感じます。

また、軽さが動きやすく街着としても重宝しますね。

 

 

「似合う服を見つける」ためには、ファッションの基礎として「服を知る」ということも重要になります。

 

今回はデザイン・値段両面から「骨格別似合うダウンコート」をお伝えします。

 

このサイトでは、あなたの「なりたい未来」をファッションから叶える情報についてお伝えしています。

 

ダウンコートは寒冷地の防寒着がルーツ

 

「服を知る」ためには、そのアイテムのルーツを知ることはとても大切です。

 

ダウンコートはアウトドア用の防寒着から発祥したものだけに基本はカジュアルです。

 

主にイタリヤやフランス・カナダの高地・寒冷地で発達したため、防寒に優れた高級な羽毛が使われそれだけに高価(約13万〜30万)です。

 

HERNOやモンクレール、カナダグースなどが高級ダウンとして有名で人気もあります。

 

しかし高級なものが似合うとは限りません。

 

温暖化傾向の今の日本では、暖かさよりデザイン優先がいい場合もあります。

 

生地をキルティング加工しダウンを詰めたダウンコートは、着膨れたり、ややもするとやぼったくなる傾向があるからです。

 

高価なものだけに、体型に合わずスタイルUPしないのは残念です。

防寒着とおしゃれのバランスがポイントになりますが、どうせ着るなら似合うものにしたいですね。

似合うを決めるのは デザインとキルト幅

 

似合うを決めるポイントはズバリ次の二つです。

①   デザイン(ライン・長さ)  

②  キルトの幅

 

 

【骨格ナチュラル】おすすめダウンコート

 

ナチュラルダウン

出典:ZOZOTOWN

何と言っても一番ダウンコートが似合うのは、骨格ナチュラルの方です。

ダウンコートのカジュアル感・ラフ感がナチュラルのテイストにぴったりです。

 

骨格のフレームがしっかりしているナチュラルは、身体のラインを和らげるゆったりしたラフなラインが得意です。

出典:ZOZOTOWN

骨格ナチュラルお勧めダウンコート

デザイン:ボックスシルエット(絞りのないもの)長さ腰下からロング丈

フード大きめ・毛足の長いファー

     お尻が隠れるくらい〜ロング丈・

キルトの幅:広い、素材マット

 

アウトドア系のブランドもさらりと着こなせ、こなれ感のあるかっこいい着こなしができます。

 

【骨格ストレート】おすすめのダウンコート

ユニクロダウン「

出典:ユニクロ

ストレートの私が下のHERNOと検討した結果、今季雨・雪の日対策に濡れても惜しくないこちらのネイビーを購入。(期間限定で税抜き9,900円)

骨格ストレートお勧めダウンコート

デザイン:緩やかに体のラインに沿ったシルエット(ウエストに絞りのないもの)

立ち襟・ロング丈

フードはないか大きすぎないもの・ファーは毛足の長すぎない高級感あるもの

キルトの幅:広め、素材:品良いツヤ感(テカテカしてないもの)

 

ヘルノダウン

出典:HERNO(税抜き約28万円)

上半身に厚みがあるストレートタイプの方には、シンプルで体のラインにほどよく沿った絞りのない縦長のIライン・細長台形ラインがお勧めです。

その観点からロング丈がオシャレ感が出ます。

 

お尻が隠れるくらいのセミロングは中途半端でカジュアルになりすぎる場合があるので、なりたいテイストで丈を選ぶといいでしょう。

 

素材も高級感のあるきれいなもの、しっかりとしたものがお勧めです。

 

骨格がウェーブの方におすすめのダウン

モンクレールダウン

出典:BUYMA21,8000円

骨格ウェーブお勧めダウンコート

デザイン:ハイウエスト・ウエストに絞りがあるもの

丸襟・ショート・セミロング丈

フードは小さめ、ファーは丸くふんわりしたもの

キルトの幅:小さめ・素材:テカリも○

 

HERNO

 

上半身が華奢なウェーブタイプ は、全体のシルエットがAラインがお勧めです。

 

ウエストの高い位置に絞りがあるもの(ウエストマーク)や切り替えがあるもの、丸い襟や短くコンパクトなものがマッチします。

 

2019〜20年は、全体にキルトの幅が広いものが流行しているため、ロングなら切り替えのあるものや、ショート丈ならふんわりしたものもお勧めです。

 

丸みのあるファーが華奢な身体を華やかにしてくれるので、フードや袖口にファーつきのものもお勧めです。

 

ショート丈は、Aラインのスカートやワンピースと合わせるとバランスよくスタイルUPします。

 

まとめ:ダウンコート決め手は、デザインとキルト幅

似合うを決めるポイント

①   デザイン(ライン・長さ)  

②  キルトの幅

 

骨格ナチュラルお勧めダウンコート

デザイン:ボックスシルエット(絞りのないもの)長さ腰下からロング丈・フード大きめ・毛足の長いファー

     お尻が隠れるくらい〜ロング丈・

キルトの幅:大きめ・素材マット

 

骨格ストレートお勧めダウンコート

デザイン:緩やかに体のラインに沿ったシルエット(ウエストに絞りのないもの)

立ち襟・ロング丈

フードはないか大きすぎないもの・ファーは毛足の長すぎない高級感あるもの

キルトの幅:大きめ・素材:品良いツヤ感(テカテカしてないもの)

 

骨格ウェーブお勧めダウンコート

デザイン:ハイウエスト・ウエストに絞りがあるもの

丸襟・ショート・セミロング丈

フードは小さめ・ファーは丸くふんわりしたもの

キルトの幅:小さめ・素材:テカリも○

 

寒い冬に欲しくなるダウンコート。

流行や年齢に関係なく、自分に合った一着を見つければ、寒い日のお出かけも楽しくなりますね。

 

用途や予算を考え、自分の体型に似合うダウンを見つけて下さいね。

Sumie

 

Sumie

 

「10秒で10歳キレイ!」

無料メルマガ講座

 

忙しいあなたが

10秒で読めて10歳キレイになれる!

ファッションのプロだけが知る

オシャレのコツ!

 

あれこれ雑誌を読むよりも、

無料であっさり解決することも!

10秒で実践できる秘策もあり!

 

10秒で10歳キレイ!

この記事を書いている人 - WRITER -
Sumie
【未来を叶えるファッションスタイル】見た目UPコンサルタント 岡本 瑞愛恵(Sumie)です。骨格診断PLUS・パーソナルカラー診断PLUSをベースに、あなたの魅力を輝かせ、あなたらしく心地よい、なりたいあなたをプロデュースします。ファッションから人生を変えるファッション講座を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 未来を叶えるファッションスタイル , 2019 All Rights Reserved.