見た目も 人生も もっと輝きたい女性のためのファッションコンサルティング

【似合うマスクは色で選ぶ】パーソナルカラーだけでない色選びのコツ

Sumie
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Sumie
【未来を叶えるファッションスタイル】見た目UPコンサルタント 岡本 瑞愛恵(Sumie)です。骨格診断PLUS・パーソナルカラー診断PLUSをベースに、あなたの魅力を輝かせ、あなたらしく心地よい、なりたいあなたをプロデュースします。ファッションから人生を変えるファッション講座を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

みなさま こんにちは。

ファッションから「未来を叶える」コンサルタント  Sumieです。

 

新型コロナウイルス感染症対策に、マスクは必須アイテムとなりつつあります。

マスク不足から手作りされる方も増えていますね。

 

感染が世界的な広がりをみせる中、どうせつけるなら似合っていた方がいい!

 

パーソナルカラーで選べって言いたいんでしょう?

みーちゃん

という声が聞こえてきそうですが、

パーソナルカラー はもちろん、

それだけでないマスクだからこその注意点があるんです。

 

というわけで今回は、

マスクならではの色の選び方についてお伝えします。

 

 

マスクは色で選ぶ

 

カラーマスク出典:more

マスクは形が立体型・プリーツ型、また手作りと様々ありますが、

ファッションの効果を狙うなら、形より何と言ってもが大切です。

 

基本はパーソナルカラーですが、マスク特有の注意点があります。

 

顔の上の色は明るく、きれいな色を

 

パーソナルカラーは、顔の下に来る服の色であるのに対し、

マスクは、顔の下半分以上を覆うので選び方が少し違ってきます。

 

ズバリ、明るい、きれいな色の方がおすすめです。

 

マスク出典:takeoff   グレー 明るめで悪くはないが
マスクピンクピンクの方が顔立ちが華やかに

 

 

 

マスク花

出典:無料型紙工房ことろ

お子さんにはこんな可愛い手作りマスクもおすすめです。

 

顔色を明るくきれいに見せる色を選ぶ

 

顔色が悪くなる・暗くなる色は避ける

 

暗い色、くすみ過ぎる色・寒さを感じる色は、いくらパーソナルカラーでも顔色が悪く見えてしまいます。

 

理由は2つ。

  • 肌が少ししか見えてないのでマスクが顔色となる。
  • 顔の特徴はほぼ目しかないので顔立ちの印象を受けない。

 

パーソナルカラーは、肌・髪・瞳・唇の色を引き立てる色です。

 

この肌色・顔立ちの印象等をマスクは消してしまうので

たとえお顔立ちの印象からサマーやオータムなど濁色が似合っていた方も、濁色のマスクをつけると暗くぼやけた印象になることがあります。

 

 

ブルーマスク

青白く顔色が悪い印象の左の濁色も同じ理由で避けた方がいいでしょう。

 

 

ブルーマスク

こちらはOK

 

 

また、紫系も注意が必要です。

ウィンターの方は、パープルがお似合いの方もいるのですが、マスクになると顔色が青ざめて見えることがあります。

 

紫マスク

 

私は、服は明るいパープルも似合うので布マスクも上のような紫にしたのですが、びっくりするぐらい顔色が悪くなってしまいました。

 

特に寒色(クールな色)が似合っていた方は、普段のパーソナルカラーと違いが出ることがあります。

 

マスクの色は、顔色が、青ざめる・暗くなる色を避けることがポイントです。

 

この点からも一般的なマスクの白は、誰にでも明るさをもたらします。

 

顔色が悪くなる・暗くなる色は避ける

 

濃い色 特に黒 は他とのバランスや印象の効果を考える

 

黒マスク出典:takeoff

左:忍者風? 

右:マスクだけ浮く。少し怖い?

 

黒や濃い色はとにかく印象が強いのが特徴です。

他の服とのバランスでかなり怪しい雰囲気になることも。

 

 

面白いアンケート結果があります。

Jタウンネットという情報サイトが、「黒いマスク、許せる?許せない?」と題してアンケート調査を実施しました。

結果は以下のようです。

 

 

マスク統計

 

出典:Jタウンニュース

(2019年3月20日~4月12日、総投票数629票)

 

つけるなら、覆面感を払拭したクールなイメージに寄せることが肝要です。

 

 

パンダマスク

出典:sibuya109

 

マスク

出典:amazon

 

黒でも表情を描いたりギャグ狙いなどならOK。

 

黒や暗い色は他の服とのバランスや効果を考える

 

まとめ:マスクの色は明るめ・きれいな色がおすすめ

 

いかがでしたか。

基本はパーソナルカラーですが、

マスク特有の注意点があります。

 

特に濁色・寒色が似合っていた人は、普段のパーソナルカラーとは違いが出ることもあります。

 

マスク:色選びのコツ

・顔色を明るくきれいに見せる色を選ぶ

・顔色が悪くなる・暗くなる色は避ける

・黒や暗い色は他の服とのバランスや効果を考える

手作りをされる方も布選びにぜひ参考にしてくださいね。

 

どうせつけるならマスクもファッションに活用して楽しんでね!

Sumie

Sumie

 

 

「10秒で10歳キレイ!」

無料メルマガ講座

 

忙しいあなたが

10秒で読めて10歳キレイになれる!

ファッションのプロだけが知る

オシャレのコツ!

 

あれこれ雑誌を読むよりも、

無料であっさり解決することも!

10秒で実践できる秘策もあり!

 

10秒で10歳キレイ!

この記事を書いている人 - WRITER -
Sumie
【未来を叶えるファッションスタイル】見た目UPコンサルタント 岡本 瑞愛恵(Sumie)です。骨格診断PLUS・パーソナルカラー診断PLUSをベースに、あなたの魅力を輝かせ、あなたらしく心地よい、なりたいあなたをプロデュースします。ファッションから人生を変えるファッション講座を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 未来を叶えるファッションスタイル , 2020 All Rights Reserved.