「あなたスタイル」を見つけるために

人生もファッションも 自分らしく輝きたい女性のためのファッションコンサルティング

「本当に似合う」がわかる【骨格12分類】

大人女性必見!【骨格タイプ別】似合う喪服の選び方

Sumie
WRITER
 
ブラックフォーマル
この記事を書いている人 - WRITER -
Sumie
【未来を叶えるファッションスタイル】ファッションコンサルタント 岡本 瑞愛恵(Sumie)です。骨格診断PLUS・パーソナルカラー診断PLUS・顔印象診断をベースに、あなたの「魅力」と「こころ」を輝かせ、あなたの人生を明るく変えるファッションスタイルをご提案します。あなた専属のスタイルストとしてファッションからあなたの「ほしい未来」をプロデュースします。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ファッションから 「未来を叶える」コンサルタント 岡本  瑞愛恵すみえ(Sumie) です。

 

大人の女性なら必ず準備しておきたい喪服。

持ってはいるものの、しっくりこないけどなんとなく着ている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

喪服は一度購入したら、10年くらいは着用するもの。

できることなら似合ったものを大切に着たいですね。

 

喪服は参列する上での“マナー”や喪服ならではの制約もあります。

今回は、【骨格タイプ別】似合う喪服の選び方と、喪服を着用する上で押さえたおきたいポイントまでお伝えします。

 

今回のポイント

 

  • 喪服の基本マナー
  • 【骨格タイプ別】似合う喪服
  • 喪服を買うタイミング

 

このサイトでは、「なりたいあなた」を叶えるフッション情報をお伝えしています。

 

 

女性の喪服は「正喪服」「準喪服」「略喪服」の3種類

 

喪服

正喪服 出典:メアリーココ

 

喪服は格式によって「正喪服」「準喪服」「略喪服」の3種類があります。

各儀式に相応しい喪服の着用が必要とされ、守らなければならないマナーもあります。

まず、3種類の喪服の違いについて知っておきましょう。

 

正喪服(最も高い格式) 喪主・主催者側が着用

 

女性の洋装の正喪服は、光沢のない黒無地のアンサンブルスーツ、ワンピースにボレロ などのブラックフォーマルです。

葬儀・告別式・一周忌法要までは正喪服が良いとされています。

 

一般的には膝下丈のアンサンブルが多いですが、正喪服はロング丈がよりフォーマルになります。

またパンツスーツはカジュアルなため、正喪服には入らないというのが一般的な認識です。

 

素材に高級な織が入るものは許容ですが、透け感のあるものは避けます。

装飾はなるべく避けて、ストッキングは黒を着用します。

※アンサンブル:婦人服で、ワンピースと上着、ドレスとコート、などを共布(ともぎれ)で作って、色が調和するようにした一対。

 

正喪服(格式が高い
  • 喪主・親族葬儀
  • 告別式 一周忌法要
  • 黒無地スーツ・ワンピースに上着等 光沢のないブラックフォーマル

 

近年は、喪主や親族も次に挙げる準喪服を着用するケースが増えています。

 

 

準喪服(一般格式) 参列者が主に着用

 

正喪服の次に格式の高い準喪服は、お葬式や法事などの弔事で最も多く着用される喪服です。

一般的に喪服と言えばこの準喪服を指します。

女性の場合はワンピース、アンサンブル、スーツなどのブラックフォーマルが該当し、正喪服とほぼ同じです。

 

服・装飾共に正喪服に準じた素材がベースとなりますが、正喪服に比べ、多少の装飾性があり自由度が増します。

参列者としてお葬式やお通夜に出る際は準喪服を着用します。

 

準喪服(一般格式)

  • 参列者が着用着(主催者側が着る場合もあり)
  • 一般参列者の服装 お通夜、お葬式
  • 黒無地スーツ・ワンピースに上着等  多少の装飾可

 

略喪服(第三格式) 参列者が着るもの

 

参列者の服装として 急な弔問、お通夜参列、三回忌以降の法事まで可能です。

正喪服や準喪服に比べ比較的制約は緩く、アイテムの選択肢も増えます。

黒色がベースですが、濃紺や濃いグレー・モノトーンも許容になります。

ストッキングは黒ですが、肌色も可となります。

 

略喪服(一般格式)

  • 参列者が着用着
  • 一般参列者の服装 お通夜、お葬式、年忌
  • フォーマル以外の黒スーツ・濃紺・グレイなど地味な色のワンピースやスーツも可

 

 

【骨格ウェーブ】似合う喪服デザイン

 

ウェーブに似合うデザイン

 

ランバンノワール

出典:ランバン

喪服には、ウェーブに似合うデザインが豊富です。(約6割はウェーブ仕様)

特に多いデザインである ハイウエストワンピースに短いボレロ・ジャケットの組み合わせは、ウェーブにもっとも似合うデザインです。

ふんわりと丸みを持たせたデザインは華奢な身体をカバーします。

 

ノアール

出典:CARETT

 

骨格ウェーブ似合う喪服
  • ハイウエストのワンピースとボレロ
  • ノーカラー・丸襟のジャケットやボレロ
  • ふんわりしたシルエットのワンピース、スカート
  • 胸元やウエストにドレープやタックが入っているもの
  • Aラインのデザイン

 

ウェーブタイプが似合わないのは シンプル

 

シンプルなデザインは細身で華奢なウェーブの身体を貧相な印象に見せてしまいます。

直線が多いデザインもシャープすぎ寂しくなる傾向があります。

ボリュームを持たせたデザインや丸みのあるデザインで華奢さがカバーできるものがおすすめです。

 

【骨格ストレート】似合う喪服デザイン

 

シンプル・シャープなデザイン

 

ストレート

出典:アクアスキュータム

 

メリハリのある体型で肌にハリもあるストレートタイプは、シンプルなデザインがお似合いです。

ハリのある高級素材でつくられたシンプルでベーシックなデザインがスタイルも良く見え品格も高めます。

骨格ストレート 似合う喪服
  • Vネックの開きのテーラドジャケット
  • Iラインのデザイン
  • なるべくストレートなスカート

 

持ち前の女性らしいラインを活かすためストレートスカートがおすすめですが、喪服は正座することに配慮し広がるものが多くなっています。

その中でもなるべく広がりのないデザインを選ぶことでスタイルUPして見えます。

ジャケット丈も腰が隠れるくらいが綺麗です。

 

ノーカラー

 

ノーカラージャケットの場合は、縦の直線的なラインとVの切り込みがあるものを選ぶとシャープに見えます。

 

ストレートタイプに似合わないのは ふんわり・ハイウエスト

 

ふんわり、丸いシルエットのものは、せっかくの身体のラインを隠し、着太りして野暮ったく見えます。

フェミニンなデザイン・ハイウエストはテイストに合わない場合があります。

 

注意していただきたいのは、ジャケットがストレート向けデザインでも、中のワンピースがウェーブデザインのものが多いこと。

残念ながら喪服の6割はウェーブデザインで、中のワンピースに至っては7割はウェーブです。

中のデザインも確認して試着を必ずして下さい。

 

【骨格ナチュラル】似合う喪服デザイン

 

「骨格ナチュラル】似合う喪服は ゆったりデザイン

 

ナチュラル

出典:楽天

フレーム感のある身体のナチュラルタイプの方には、少しゆったりしたサイズ感のものや身体のラインをカバーするデザイン性のあるものが似合います。

ナチュラル

 

骨格ナチュラル 似合う喪服
  • スタンドカラーやノーカラージャケット
  • Vネックテーラードジャケット
  • ジャケットの丈は長め
  • リズムやデザイン性がややあるもの
  • 準喪服ならパンツスーツも

 

 

ナチュラルタイプが似合わないのは シンプルすぎ・ふんわり

 

シンプルすぎるデザインは、物足りない印象になってしまったり、薄い素材は貧相に見えたりすることがあります。

フェミニンな雰囲気もテイストに合いません。

 

 

喪服を買うタイミングは 年忌に向けてがベスト

 

喪服は着用してからしばらく出番がないこともあり、それでいて急に必要になることもあります。

あらかじめ準備しておくのは縁起が悪いともされているため、喪服を買うタイミングは年忌法要などに向けてが良いでしょう。

 

しばらく着用しないときは 衣替えの時などに点検し、サイズや雰囲気などがまだ大丈夫か確認しておくと慌てません。

 

まとめ:自分にあった喪服で弔意を表そう

 

今回は、【骨格タイプ別】似合う喪服の選び方と喪服を着用する上で押さえたおきたいポイントについてお伝えしました。

 

今回のポイント

 

  • 喪服の基本マナー
  • 【骨格タイプ別】似合う喪服
  • 喪服を買うタイミング

 

喪服の基本マナー

「正喪服」「準喪服」「略喪服」に応じた喪服を着用する

 

骨格ウェーブ似合う喪服
  • ハイウエストのワンピースとボレロ
  • ノーカラー・丸襟のジャケットやボレロ
  • ふんわりしたシルエットのワンピース、スカート
  • 胸元やウエストにドレープやタックが入っているもの
  • Aラインのデザイン
骨格ナチュラル 似合う喪服
  • スタンドカラーやノーカラージャケット
  • Vネックテーラードジャケット
  • ジャケットの丈は長め
  • リズムやデザイン性がややあるもの
  • 準喪服ならパンツスーツも
骨格ストレート 似合う喪服
  • Vネックの開きのテーラドジャケット
  • Iラインのデザイン
  • なるべくストレートなスカート

 

似合う喪服はそれぞれですが、法事・法要で一番大切なのは、故人を悼む気持ちです。

その気持ちを表す服装として、あなたらしい喪服を選んでみてくださいね。

Sumie

 

「10秒で10倍ステキ!」

無料メール講座

 

忙しいあなたが

10秒で読めて10歳倍ステキ効果がある!

ファッションのプロだけが知る

オシャレのコツ!

 

あれこれ雑誌を読むよりも、

無料であっさり解決することも!

10秒で実践できる秘策もあり!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Sumie
【未来を叶えるファッションスタイル】ファッションコンサルタント 岡本 瑞愛恵(Sumie)です。骨格診断PLUS・パーソナルカラー診断PLUS・顔印象診断をベースに、あなたの「魅力」と「こころ」を輝かせ、あなたの人生を明るく変えるファッションスタイルをご提案します。あなた専属のスタイルストとしてファッションからあなたの「ほしい未来」をプロデュースします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 未来を叶えるファッションスタイル , 2021 All Rights Reserved.