「あなたスタイル」を見つけるために

人生もファッションも 自分らしく輝きたい女性のためのファッションコンサルティング

「本当に似合う」がわかる【骨格12分類】

【パーソナルカラー】メイクと服で違うってほんと!?

Sumie
WRITER
 
服とメイク
この記事を書いている人 - WRITER -
Sumie
【未来を叶えるファッションスタイル】ファッションコンサルタント 岡本 瑞愛恵(Sumie)です。骨格診断PLUS・パーソナルカラー診断PLUS・顔印象診断をベースに、あなたの「魅力」と「こころ」を輝かせ、あなたの人生を明るく変えるファッションスタイルをご提案します。あなた専属のスタイルストとしてファッションからあなたの「ほしい未来」をプロデュースします。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ファッションから 「未来を叶える」コンサルタント 岡本  瑞愛恵すみえ(Sumie) です。

 

「ゾゾタウン」を運営するZOZOが、顔の肌の色を計測する「ZOZOGLASS」(ゾゾグラス)を開発しました。

ゾゾグラスは、3月18日に「ゾゾタウン」上にオープン予定のコスメ専門モール「ゾゾコスメ」で活用するツールです。

 

メガネ型の器具で、肌の色を計測して肌の色を特定してくれます。

肌の色が表示されると、その色に近い商品候補も示されるそうです。

 

ネットで自分の肌にあった化粧品の色が選びやすくなるのはいいよね!

みーちゃん

肌の色を計測できるのはすごいね!

ただ、肌の色にぴったりの色がパーソナルカラーというわけではなんだよ。

Sumie

 

えっ?
肌の色と同じなのがパーソナルカラーじゃないの?

みーちゃん

 

そうでないこともあるんだよ。

それに、メイクと服のパーソナルカラーはまた違うものなんだよ。

Sumie

 

えー!
パーソナルカラーってメイクと服で同じじゃないの?

みーちゃん

 

そう思っている人も多いので、今回は、メイクと服のパーソナルカラーの違いについて詳しく解説するね!

Sumie

今回のポイント

 

  • パーソナルカラーとは
  • メイクのパーソナルカラー
  • 服のパーソナルカラー

 

このサイトでは、「なりたいあなた」を叶えるフッション情報をお伝えしています。

 

ZOZOGLASS は 肌の色にぴったりのコスメを見つけるもの

 

 

肌の色がわかる。
わたしのコスメが見つかる。

出典:ZOZOGLASS

このキャッチコピーから分かるように、
ZOZOGLASSは、あくまでも肌の色を計測するツールです。

メガネ型の器具をつけた顔をスマートフォンで撮影することで、肌の色を構成する成分のヘモグロビンメラニン量を画像から推定し、肌の色を特定します。

 

肌の色をイエローベース・ブルーベースに診断し、さらに春夏秋冬の4タイプに分類してあなたに似合う色(=パーソナルカラー)をおすすめします。

 

出典:ZOZOGLASS

 

とあるのですが、これはあくまでも肌の色のイエローベースとブルーベースが元になります。

 

 

本来のパーソナルカラーとは

 

パーソナルカラーとは、

パーソナルカラー

あなたの「肌」「髪」「瞳」「唇」の色を

引き立て、より輝かせてくれる色

です。

肌の色を補正し、髪や瞳の色とも調和し調整する色
トータルであなたを素敵に輝かせる色です。

 

 

肌のパーソナルカラー

 

肌のパーソナルカラーは、主に化粧品の販売等に使われ、肌に近い色・なじむ色調和する色を指すことが多いです。

 

純枝顔カラー

 

例えば私。

濃いめのやや黄色がかった肌。

店頭で肌にテスターをのせてファンデーションを選んでもらうと、どこのお店でもイエローベースでやや濃い色をすすめられます。

 

私の肌色

  • 濃いめ
  • イエロー寄り

=イエローベースの秋寄り

と判断されます。

主に化粧品の色選びでは、このように肌の色と連動して診断されることがほとんどです。

 

多くの方には、この肌色に合った色をファンデーションの色にする  ことは問題ありません。

 

しかし、私の場合い、肌と同じ濃く黄色味のある色をファンデーションにすると、肌のトーンが下がり顔色が冴えなくなってしまうのです。

 

逆に、少しブルーベース寄りの色を選ぶと、肌の深部色素にあるわずかな赤みが活かせ、肌を補正することで顔色が明るく見えます。

 

このように、肌に黄みがあるからイエローベース、色白だからブルーベースというわけではなく、私のように黄みよりの肌でもブルーベース寄りで顔色が映える人がいます。

 

肌のパーソナルカラー

  • 肌に近い色
  • 肌になじむ色

肌の色に連動して出されることが多い
肌が映える色とは違う場合もある

 

 

服のパーソナルカラー

 

服のパーソナルカラーは、肌以上に調和と調整の効果が大きいです。

 

服のパーソナルカラー

あなたの「肌」「髪」「瞳」「唇」の色を

引き立て、より輝かせてくれる色

 

顔に当てた時、肌の色を補正し、髪や瞳の色とも調和し調整する色
トータルであなたを素敵に輝かせる色が 服のパーソナルカラーです。

 

 

ブルーベース・イエローベース

 

ベースとは、様々な色み(赤・橙・黄・緑・青 などの) の中で、どちらの色味が似合うやすいかで決まります。

 

青を中心とする色相(13~24、1)が似合いやすい・・・・ブルーベース

黄を中心とする色相(2~12)が似合いやすい・・・・・・イエローベース

 

中には中間の色が似合うニュートラルベースの方もいます。

詳しくはこちらの記事に詳しく書いています。

 

パーソナルカラーとは 肌色を補正し 引き立て 輝かせる色

 

純枝NGカラー

 

以前の私は、肌になじむイエローベースの色が似合うと思っていました。

黄色みがなじみよく着ていました。

 

はっきりした色味が似合うのでオレンジも着ていました。

カーキもおしゃれな色で好きでした。

 

でもこれらの色は、すでに肌に十分ある濃さや黄みを増し、黄ぐすみをもたらせています。

 

なじむ色(調和する色)がパーソナルカラーの場合もありますが、私の場合は違いました。

 

詳しくはこちらの記事

 

 

 

 

服のパーソナルカラーとは、肌色を補正し 引き立て 輝かせる色です。

 

顔に当てた時、肌の色を補正し、髪や瞳の色とも調和し調整する色、
トータルであなたを素敵に輝かせる色が 服のパーソナルカラーです。

 

私の場合も、右のブルーベースの色の方が肌を明るくし、透明感を増す効果があります。

 

 

服のパーソナルカラー

あなたの「肌」「髪」「瞳」「唇」の色を
引き立て、より輝かせてくれる色
調和し調整してくれる色

 

 

まとめ:肌と服のパーソナルカラー  違いを知り魅力UP!

 

いかがでしたか。

今回は、メイクと服のパーソナルカラーの違いについて詳しく解説しました。

 

今回のポイント

 

  • パーソナルカラーの効果  
  • メイクのパーソナルカラー
  • 服のパーソナルカラー

肌のパーソナルカラー

  • 肌に近い色
  • 肌になじむ色

肌の色に連動して出されることが多い
肌が映える色とは違う場合もある

服のパーソナルカラー

あなたの「肌」「髪」「瞳」「唇」の色を
引き立て、より輝かせてくれる色
調和し調整してくれる色

  • 調和する色(なじむ色)
  • 調整する色(黄み・青みなどを軽減するなど補正効果のある色)

 

迷うことの多いファンデーションの色選びが、店にいかなくても肌に近い色を選べるというのは大きなメリットです。

また、自分の肌の色を詳しく知ることは服の色選びにも大いに参考になります。

 

肌と服のパーソナルカラー の違いをよく理解した上で上手に活用できるといいね!

みーちゃん

 

ゾゾグラスの配送は3月18日から。

ZOZOでは、まずはファンデーションから始め、チークやリップに広げていくとのこと。

 

肌の色みをどこまで計測できるか、届くのがとても楽しみです!

使ってみたらまた報告しますね!

 

 

Sumie

ネットでは診断が難しいとされる本来のパーソナルカラーがわかるファッションコンサルはこちら

 

「10秒で10倍ステキ!」

無料メール講座

 

忙しいあなたが

10秒で読めて10歳倍ステキ効果がある!

ファッションのプロだけが知る

オシャレのコツ!

 

あれこれ雑誌を読むよりも、

無料であっさり解決することも!

10秒で実践できる秘策もあり!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Sumie
【未来を叶えるファッションスタイル】ファッションコンサルタント 岡本 瑞愛恵(Sumie)です。骨格診断PLUS・パーソナルカラー診断PLUS・顔印象診断をベースに、あなたの「魅力」と「こころ」を輝かせ、あなたの人生を明るく変えるファッションスタイルをご提案します。あなた専属のスタイルストとしてファッションからあなたの「ほしい未来」をプロデュースします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 未来を叶えるファッションスタイル , 2021 All Rights Reserved.